ケアプロストとルミガンの違いを比較

ケアプロストとルミガンの違いを比較

ケアプロストとルミガンには、ほとんど違いはありません。有効成分が同じなので、効果や副作用に差があまりないのです。とはいえ、全く同じ医薬品ではないので、添加物には差があります。

では、ケアプロストとルミガンの違いについて見ていきましょう。

ケアプロストとルミガンの違い

ルミガンとケアプロストは、有効成分は同じですが、価格に違いがあります。

ルミガンはアラガン社が開発したまつげ育毛剤で、有効成分はビマトプロストです。ケアプロストは、ビマトプロストが含まれたジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品には、先発品で有効性や安全性が十分に確認された成分が用いられています。そのため、開発にかかるコストが低く、安価で手に入るのです。

ルミガンとケアプロストは有効成分が同じであるため、効果や副作用にほとんど差はありません。また、使い方や注意点も同じです。

どちらも正しい使い方をすれば、まつげ育毛の効果を実感できます。

ケアプロストとルミガンの成分の違い

ケアプロストにはルミガンと同じ有効成分が含まれているため、薬の作用にほとんど違いはありません。ただし、ケアプロストとルミガンは添加物の内容に違いがあります

ケアプロストとルミガンの添加物
ケアプロストの添加物 ルミガンの添加物
  • 塩化ベンザルコニウム
  • ベンザルコニウム塩化物
  • 塩化ナトリウム
  • リン酸水素ナトリウム水和物
  • クエン酸水和物
  • 塩酸
  • 水酸化ナトリウム

比較してみると、ルミガンよりもケアプロストの方が添加物が少なく、シンプルな印象を受けます。

もちろん、添加物が多いのは悪いことではないので、ルミガンが劣っているわけではありません。添加物は、薬の状態を維持するために重要な成分です。薬剤が腐ってしまうのを防いだり、効果を発揮しやすい形状に整えたりする役割があります。

しかし、敏感な体質の人だと、まれに添加物にアレルギーを起こす場合もあります。ルミガンで肌のかゆみなどを感じてしまった人なら、添加物の少ないケアプロストを試してみるとよいでしょう

まとめ

ケアプロストは、ルミガンと同じ有効成分が含まれたジェネリック薬です。そのため、効果や副作用、使い方に違いはありません。どちらも、まつげ育毛に効果を発揮します。

ケアプロストとルミガンの違いを挙げるなら、有効成分のほかに含まれる添加物です。添加物は薬の作用に影響を及ぼさないので、先発薬とジェネリック薬で異なることはよくあります。ケアプロストとルミガンを比べてみると、ケアプロストの方が添加物が少ないのが特徴です。