ケアプロストプラスとは?ケアプロストとの違いを解説

ケアプロストプラスとは?ケアプロストとの違いを解説

ケアプロストには、「ケアプロストプラス」と呼ばれる新しい商品があります。「この2つの商品にどんな違いがあるの?」と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

これから使ってみようと考えているのであれば、効果や副作用の違いを知っておきましょう。

まず最初に、ケアプロストプラスとケアプロストは、含まれる成分が異なります。2つの成分を比べた表が以下です。

ケアプロストとケアプロストプラスの成分
ケアプロストの成分 ケアプロストプラスの成分
  • ビマトプロスト
  • 塩化ベンザルコニウム
  • ビマトプロスト
  • チモロール
  • 塩化ベンザルコニウム

表を見ればわかるように、2剤の違いは「チモロール」という成分が含まれているかどうかです。ケアプロストプラスにのみ、チモロールが含まれています。ビマトプロストの配合量は同じなので、チモロールの効果や副作用によって、2剤の違いがわかります。

チモロールは、ビマトプロストと同じく緑内障の治療薬に使われている成分です。国内では、「チモロールマレイン酸塩」として点眼薬に用いられています。

まず、ケアプロストプラスとケアプロストは効果が異なるのか?というところです。名前からすると、「プラス」とついているケアプロストプラスの効果が高そうですよね。

緑内障の治療薬として使うなら、眼圧を下げる成分が追加されたケアプロストプラスの方が効果は高いでしょう。しかし、まつげ育毛剤として使うなら、効果は変わらないと考えられます。なぜなら、チモロールには、まつげを伸ばす効果がないからです。

チモロールの持つ作用では、「睫毛内反」という症状を引き起こす可能性があります。これは、まぶたが内側に反ることで、まつげが目に当たってしまう症状です。これにより、角膜などが傷ついてしまいます。

チモロールのまつげに関する作用はこれだけなので、「ケアプロストプラスの方がまつげが伸びやすくなる」といった効果は期待できません。

また、ケアプロストプラスを使う際、副作用にも注意が必要です。有効成分がビマトプロストのみであるケアプロストには、重大な副作用はありませんでした。対して、ケアプロストプラスにはチモロールが含まれているため、呼吸不全や心不全といった副作用を引き起こす危険性があります。

チモロールが含まれる国内の点眼薬は、気管支喘息や心不全の患者の使用は禁止されています。このことから、気管や心臓が弱い人は、ケアプロストプラスの使用を避けるべきでしょう。

これらを踏まえて考えると、まつげ育毛するならケアプロストがおすすめです。ケアプロストプラスを使ってもまつげを伸ばせますが、重大な副作用が出る危険性があります。また、ケアプロストの方が値段も安いので、わざわざケアプロストプラスを買う必要はありません。