ケアプロストの効果!効かない原因や効果が出るまでの期間

ケアプロストの効果!効かない原因や効果が出るまでの期間

ケアプロストは、まつげ育毛に効果がある医薬品です。しかし、なかには効果が感じられない人もいます。ケアプロストの効果が出はじめる期間を把握しておかなければ、せっかくのまつげ育毛剤が無駄になってしまうのです。

このページでは、ケアプロストの効果について解説。実際に使った人のブログも紹介しています。また、「ケアプロストの効果がない」と感じてしまう理由も説明します。ケアプロストの効果が出るまでの期間も併せて見ていきましょう。

ケアプロストのまつげ育毛効果

ケアプロストには、まつげの成長を促す作用がある「ビマトプロスト」が含まれています。効果があるのか不安なら、実際に使用している人のブログを覗いてみるのもよいでしょう。

ビマトプロストがまつげを成長させる

ケアプロストを塗ると、まつげ育毛の効果が実感できます。これは、有効成分「ビマトプロスト」の作用が、まつげの成長期に影響を与えるためです。

ケアプロストは海外の医薬品なので、効果があるかどうかを調べた資料が、日本にはありません。とはいえ、国内でもビマトプロストが含まれる「グラッシュビスタ」が、まつげ育毛剤として承認されています。

ビマトプロストのまつげ育毛効果について、国内で行われた臨床試験の結果を見てみましょう。

主要評価時点である4ヵ月後における上まつ毛の長さのベースラインからの変化量(平均値)は
ビマトプロスト群で1.62mm、プラセボ群で-0.04mmでした。上まつ毛の豊かさ(太さ)のベースラインからの変化量(平均値)はビマトプロスト群で0.35mm2、プラセボ群で-0.03mm2でした。

出典:特発性睫毛貧毛症に対する有効性|Glash|アラガン・ジャパン

引用文からわかるように、ビマトプロストを使用した患者は、プラセボを使った患者に比べてまつげの長さ・豊かさが優位に増加しました。プラセボとは、見た目などを被験薬に似せた効果のない偽薬です。つまり、ビマトプロストの効果でまつげが伸びたことがわかります。

ケアプロストには、グラッシュビスタと同じ割合の有効成分が含まれています。そのため、国内で行われた臨床試験と同じように、ケアプロストもまつげ育毛に効果を示すと言えるのです。

実際に使っている人のブログを紹介

「本当にまつげが伸びるのか気になる」という人は、実際にケアプロストを使っている人のブログを見てみるとよいでしょう。この記事では、ケアプロストのリアルな効果を綴っているブログを3つ紹介します。

ブログには、まつげの成長過程などが画像で掲載されており、まつげが伸びる様子を確かめられます。使用前と使用後の画像を見比べれば、ケアプロストの効果が一目瞭然です。

ただし、ケアプロストの効果には個人差があるので、情報を鵜呑みにはしないよう注意してください。

ケアプロストの効果がないと感じる理由

ケアプロストを使っても、まつげが伸びないと感じるケースもあります。その場合、ケアプロストの効果がないわけではありません。効果のあらわれる時期を勘違いしていたり、液がまつげの根元に十分に届いていなかったりする可能性があります。

効果のあらわれる時期を勘違いしている

ケアプロストを使用している人の中には、まつげがすぐに伸びると勘違いしている人もいるでしょう。まつげの変化がないからと早々に諦めると、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

医薬品でも急にまつげは伸ばせない

ケアプロストは有効成分が含まれる医薬品なので、すぐに効果がわかると思ってしまう人もいます。しかし、実際には、まつげはいきなり伸びるものではありません

1日や2日では、まつげが長くなったことは実感できないのです。まつげは毎日少しずつ成長していくので、少なくとも1カ月から2カ月は様子を見ましょう。

まつげが伸びる前に使用をやめている

ケアプロストを塗るのをやめると、まつげ育毛の効果はなくなります。まつげが成長している途中で使用をやめれば、効果を感じられないまま終わってしまうのです。

すぐに伸びないからといってケアプロストの使用をやめず、継続して使っていきましょう。「まつげの変化が感じられなくて2週間くらいで諦めた」という場合、ケアプロストの使用を再開してみてください。

まつげの毛根に液が浸透していない

アプリケーターを綿棒などで代用している場合、ケアプロストがまつげの毛根に十分浸透していない可能性があります

ケアプロストは、「アプリケーター」という専用のブラシに垂らしてまつげに塗布します。代用品としてよく挙げられるのは綿棒ですが、水分を吸収しやすいのでおすすめできません。綿棒にケアプロストが染みこんでしまい、まつげの根元に塗りにくくなります。ケアプロストの液がしっかり毛根に届いていなければ、効果は下がってしまうのです。

ケアプロストをまつげの根元にしっかりと浸透させるためには、専用のアプリケーターを使った方がよいでしょう。代用品を選ぶ際は、水分が染みこみすぎない素材を選んでください。

ケアプロストの効果は1カ月を過ぎてから感じられる

ケアプロストの作用を実感できる時期は、1カ月から2カ月ほど経ってからとされています。

ケアプロストの効果が感じられる時期の参考として、有効成分であるビマトプロストの資料を見てみましょう。国内のビマトプロストの臨床試験では、まつげの長さの変化に関して、以下のグラフのような結果が出ています。

出典:特発性睫毛貧毛症に対する有効性|Glash|アラガン・ジャパン

上のグラフでは、上昇している青いラインがビマトプロストを使ったときの記録です。1カ月目から2カ月目の間に、まつげが急激に伸びたことがわかります。また、2カ月目から3カ月目の間にも、グラフは右肩上がりです。

このことから、ケアプロストでまつげが伸びたと感じられる時期は、使い始めから1カ月を過ぎたあたりからだと考えられます。遅い人では、2カ月を過ぎたあたりで効果を感じられるでしょう。

ケアプロストは1本で1カ月分くらいの容量なので、効果を感じられるのは2本目に突入した頃です。まつげが伸びる長さは1mmから2mmほどと微妙なため、ケアプロストを使う前から写真を撮り、経過観察してみてください。

まとめ

ケアプロストには、まつげ育毛の効果を持つ有効成分「ビマトプロスト」が含まれています。国内のビマトプロストの臨床試験では、まつげの長さや豊かさの向上が見られたのです。「海外の薬で本当に効果があるの?」と心配な人は、実際にケアプロストを使っている人のブログをチェックしてみましょう。

ケアプロストの効果が感じられない場合、使っている期間が短すぎる可能性があります。数日ではまつげは伸びません。まつげが伸びたと感じられるまでは、1カ月から2カ月ほどの期間が必要です。それまでに諦めてしまわず、ケアプロストを継続して使っていきましょう。